教育内容

緑ヶ丘幼稚園の教育内容についてご案内致します。

遊び

遊び子ども達の生活は丸ごと遊びです。
広い園庭で身体を使って、友達や教師と一緒に遊ぶ中で、人間として必要なモノやコトを学んでいきます。 また人と上手に関わる力や語彙力は、机の上で教えるだけでなく、一緒に遊びながら身につける事が必要だと考えます。  そのため、しっかりと遊び込める環境と時間を確保し、子ども達が自然の中で、伸び伸びと豊かに過ごせるよう心がけています。

就学前教育

就学前教育小学校進学後も視野に入れ、朝活動の時間を設け、毎日、基礎力を高める活動をしています。

【朝活動の内容】
①文字指導

②歌、鍵盤ハーモニカ・英語の歌 (弾けるようになった曲:ビリーブ、花は咲く、園歌、ありがとう、みやげてごらん、世界にひとつだけの花、ドレミの歌、など一年通して毎年異なる曲を練習していきます。)

③体力づくり (縄跳び駆け足飛び、かけっこほか)

 

 

運動

運動基礎体力をつけるために、鉄棒遊び、のぼり棒遊び、なわとび、竹馬ウォーカー、三輪車等、広い園庭を使って行います。またドッジボールやおいかけっこも子どもの好きな遊びです。年に2回スポーツテストを実施し、結果をお知らせしています。伸び率を比較することで、毎月の身体測定の結果と合わせてお子さんの発育がわかります 。

音楽や表現教育

 音楽に合わせながら身体を使うという、ちょうど音楽と体育と遊びの合わせた活動も多く取り入れています。 リトミックは「天野式」と「リトミック研究所方式」を基礎とします。リズムうんどうは、「さくらさくらんぼ方式」を用いています。 取り組みの様子は参観会やおさらい会でご覧になれます。 また、年齢や季節に合わせて楽器演奏や歌唱活動も行い、誕生会や緑ヶ丘祭で発表しています。

環境

ac0eba8729b1c4f8e6d27ad8376bc3b0室内では3歳児から5歳児まで、成長段階に合わせ、高さの異なる机とイスを用意しています。
屋外では園内に自然を多く取り入れ、季節を感じる感性やいのちの大切さを感じたり、優しい心が育まれるよう配慮し設定しています。 自然が身近にある事で、木のぬくもりを感じ、さわやかな風をあびたり、草や花や実を集め、虫と戯れ、季節を感じる経験は昔はいつでもどこでもあった幼い頃の原風景です。 毎年園児たちが自分で育てたお米を収穫し、おにぎりにして食べる「お米パーティー」でなど、食べ物に感謝する行事も取り入れています。 また、夏場の暑い時期には紫外線防止のテントなどを設置し、できるだけ屋外で遊べる工夫をしています。